/* */

お知らせ

令和元年度日本表面真空学会九州支部学術講演会での学生講演奨励賞の受賞


 令和元年6月1日に福岡大学にて行われた令和元年度日本表面真空学会 九州支部学術講演会(九州表面・真空研究会2019)において、理工学系研究科理工学専攻電気電子工学コース修士1年の西村昭彦君が学生講演奨励賞を受賞しました。
 日本表面真空学会 九州支部学術講演会(兼 九州表面・真空研究会)は、九州・沖縄・山口の大学や企業で活躍する研究者が、薄膜・表面における種々の新規な現象とその応用について幅広く議論する場として毎年開催され、今年で24回目を迎えます。当日は、薄膜・表面に関連した分野、半導体表面、金属表面、トポロジカル絶縁体、有機分子薄膜、結晶成長、プラズマ応用薄膜成長、放射光分析、炭素系新材料、ナノ応用デバイス、真空技術などを対象とした発表がありました。
 西村君は「角度分解光電子分光によるCdO(001)上Bi超薄膜の電子状態の研究」の講演題目で、Bi(110)の引っ張り歪みを伴うエピタキシャル成長が期待されるCdO(001)基板上にBi超薄膜を作製し、その電子状態についてシンクロトロン光を利用した角度分解光電子分光(ARPES)測定によって調べた成果を発表し、学生講演奨励賞を受賞しました。当センターは今後も世界最先端の応用研究と次世代の科学技術分野を担う人材の育成を行っていくことで、地域や社会に貢献していきたいと考えています。

IMG_1502_m.jpg

⻄村昭彦君(左)、嘉数誠支部長(右)

【本件に関するお問い合わせ先】

佐賀大学シンクトロン光応用研究センター 助教 山本 勇
電話番号:0942-82-8152, e-mail: yamamo(a)cc.saga-u.ac.jp


 

  2019/06/04   saito

令和元年度第II期佐賀大学ビームライン利用課題公募のお知らせ

詳細はこちらをご覧ください。

  2019/05/29   saito

平成31年度第I期佐賀大学ビームライン利用課題公募のお知らせ

詳細はこちらをご覧ください。

  2019/01/28   saito

平成30年度第Ⅲ期佐賀大学ビームライン利用課題公募のお知らせ

詳細はこちらをご覧ください。

  2018/10/18   saito

平成30年度第Ⅱ期佐賀大学ビームライン利用課題公募のお知らせ

詳細はこちらをご覧ください。

  2018/05/24   saito

平成30年度第Ⅰ期佐賀大学ビームライン利用課題公募のお知らせ

詳細はこちらをご覧ください。

  2018/02/09   saito

「アクティビティーレポート2016-2017の原稿作成依頼」を掲載しました

  2018/01/31   saito

エルビウム添加酸化ガリウムを用いた純緑色発光デバイスの開発に成功


 佐賀大学シンクロトロン光応用研究センターと電気電子工学専攻の共同研究グループは、効率のよい純緑色発光(約550nm)を実現できる新しい希土類添加ワイドバンドギャップ酸化物半導体材料の開発と、この新材料を用いたSiベース発光素子における純緑色発光の実証に初めて成功しました。
 今回開発した材料は、酸化ガリウム(Ga2O3)を母材とし、これに希土類元素エルビウム(Er)を添加した新しい希土類添加ワイドバンドギャップ半導体材料です。本材料をSi基板上に成長し作製したSiベース発光素子から明るい純緑色発光が得られること、発光波長が温度に依存しないこと、従来のGaNやZnOを母材とした場合に比べて低駆動電圧化が可能であることを本研究で明らかにしました。次世代フルカラーディスプレイやRGB白色発光素子とLSIのモノリシック集積化の実現等に向けた有益な指針を提供する成果と言えます。
 本研究成果をまとめたレビューが、英国王立化学会(Royal Society of Chemistry)が発行する学術雑誌(CrystEngComm, Vol.19, pp.4448-4458, 2017)にHighlight Articleとして掲載されました。また10月15-18日に開かれた薄膜に関する国際会議(TACT2017 International Thin Films Conference)で招待講演を行いました。

【お問い合わせ先】

佐賀大学シンクロトロン光応用研究センター 教授 郭其新
TEL : 0952-28-8854 e-mail : guoq(a)cc.saga-u.ac.jp


  2017/11/06   saito

九州表面・真空研究会2017における学生講演奨励賞の受賞について


 このたび、シンクロトロン光応用研究センターで修士論文研究を行っている工学系研究科物理科学専攻修士1年の宇野哲平君が、日本表面科学会九州支部および日本真空学会関西支部が主催する九州表面・真空研究会2017において学生講演奨励賞を受賞しました。
 九州表面・真空研究会(兼 九州薄膜表面研究会)は、在九州・沖縄の大学や企業で活躍する研究者が、薄膜・表面における種々の新規な現象とその応用について幅広く議論する場として毎年開催され、今年で22回目を迎えます。当日は、薄膜・表面に関連した分野、半導体表面、金属表面、磁性薄膜、有機分子薄膜、結晶成長、超微細加工、超格子デバイス、ナノ微粒子、プラズマ応用薄膜成長、放射光分析、炭素系新材料、ナノ応用デバイス、不均一触媒、摩擦応用、真空技術などを対象とした発表がありました。
 宇野君は「ZnPc/STO界面における分子配向と電子状態」の講演題目で、有機分子と急峻な界面を形成するSrTiO3(STO)基板上に典型的な有機半導体である亜鉛フタロシアニン(ZnPc)薄膜を作製し、その分子配向と電子状態についてシンクロトロン光を用いたX線吸収端近傍微細構造(NEXAFS)測定および、紫外光電子分光(UPS)測定により調べた成果について発表し、学生講演奨励賞を受賞しました。当センターは今後も世界最先端の応用研究と次世代の科学技術分野を担う人材の育成を行っていくことで、地域や社会に貢献していきたいと考えています。

【本件に関するお問い合わせ先】

佐賀大学シンクトロン光応用研究センター 助教 山本 勇
電話番号:0942-82-8152, e-mail: yamamo(a)cc.saga-u.ac.jp


  2017/07/24   saito

平成29年度第Ⅱ期佐賀大学ビームライン利用課題公募のお知らせ

詳細はこちらをご覧ください。

  2017/06/13   saito

平成29年度第Ⅰ期佐賀大学ビームライン利用課題公募のお知らせ

詳細はこちらをご覧ください。

  2017/03/21   saito

シンクロトロン光大学間連携会議(12/8)を開催しました


 12月8日に鳥栖市のサンメッセ鳥栖にて、シンクロトロン光大学間連携会議を開催しました。
 この会議は、九州地域の国公私立大学10校、早稲田大学及び本学とのシンクロトロン光利用に関する大学間協定に基づいて開催されたもので、シンクロトロン光の利用推進に関する大学間の連携協力やシンクロトロン光応用に関連した研究・教育、地域活性と人材育成に関する講習会・研究会について議論を行いました。
 当センターは、これからも九州地域における中核的役割を果たし、シンクロトロン光応用研究・教育および地域貢献を進めてまいります。


  2016/12/19   saito

平成28年度第Ⅲ期佐賀大学ビームライン利用課題公募のお知らせ

詳細はこちらをご覧ください。

  2016/11/24   saito

九州シンクロトロン光研究センターの一般公開(10/1)に参画しました


 佐賀大学シンクロトロン光応用研究センターでは、佐賀県シンクロトロン光応用研究施設事業を学術的な立場から支援・協力することにも取り組んでいます。その一環として、10月1日(土)に九州シンクロトロン光研究センター(SAGA-LS)で開催された一般公開に参画し、当センターのビームラインや得られた研究成果について紹介を行いました。


  2016/10/04   saito

九州表面・真空研究会2016における学生講演奨励賞の受賞について


平成28年度6月11日に開催された九州表面・真空研究会2016(兼第21回九州薄膜表面研究会)において、当センターで修士論文研究を行っている松石鉱太朗君(工学系研究科電気電子工学専攻博士前期1年)が講演奨励賞を受賞しました。

受賞となった講演:
題目: 2光子光電子分光によるBiAg合金の表面電子状態
著者: 松石紘太朗,今村真幸,高橋和敏,東純平,山本勇


matsuishi.jpg

  2016/10/04   saito